POSシステムは使いやすくてお利巧な製品

経営視点をどこに置くか

コーヒー

計画が重要

カフェを開業することが夢で、念願の開業を果たしたものの経営が上手くいかない場合があります。一般的にカフェの開業に掛かる資金は1000万円と言われていますが、資金を借り入れに頼った場合、返済完了までの負担を伴います。賃貸物件を借りれば賃料が発生します。カフェの場合、材料コストは他のジャンルに比べて低く、ただし、客単価が低く、滞在時間が長い傾向が見られるため、回転が悪いと売り上げが期待できないという点があります。最近ではコンビニカフェやセルフサービススタイルの街カフェが安価に提供するお店が増えたことで、若者の入店利用が少なくなったのは確かです。フランチャイズチェーンが宣伝力や企業規模、資本金などを強みに展開するとなかなか、独立開業という道は厳しいという人も多いです。どのようなカフェのスタイルで経営するかを考えて収益性が良い店舗経営を考えることが重要です。ただ単にカフェとして経営すれば、メニューの豊富さと味の良さ、単価の低さに注目され、利益につながりません。特徴的なサービスや長時間いて、収益性の高くなる工夫が必要です。インターネットカフェやメイドカフェなどが収益性が良いのも客単価が高くリピーターが付いているからです。近年では、FXや株などのトレードが出来るシステムを設置したお店やリラグゼーションサービスを行うお店があり、一定のリピート客を抱え、収益性に寄与しています。広く顧客をつくるよりも一定の範囲から質の高い顧客層をつくる考え方で開業することが収益を左右するでしょう。趣味や趣向を凝らしたサービスや店づくりはマニアが集まり、サービスの高さに注目することがあります。