POSシステムは使いやすくてお利巧な製品

POSシステムの種類

レジ

一口にPOSシステムといっても、POSシステムにはいろいろな種類があります。ファーストフード点やコンビニなどで見かけるタイプはいわゆるPOS専用機であり、その他にもタブレット型のPOSシステムなどや、専用機とタブレットの中間のようなPOSシステムなどがあります。それぞれに特徴があり、POS専用機はソフト・ハード共に効果で設置工事などが必要な文、小売店全般に必要な機能が充実しています。しかしながら、機種ごとに操作性が変わってしまうためにトレーニングを必要としてしまいます。タブレット型は一般的に販売しているタブレットでも利用することができ、導入もタブレットにアプリをインストールするだけなので費用としてはPOS専用機に比べると非常に安く済みます。操作性もタブレットならではの直感的操作で対応することができるのが利点です。ですが大量のデータを処理する時などには向かず、また会計や集計以外の基本的な機能以外を求める場合は別途機能を追加していく費用がかかります。ちょうどこの2種の間を取ったような性能をしているのが、POS専用機とタブレット型の中間に位置する多機能タブレット型です。多機能タブレット型ではテンポの規模や運用形態などにあわせ、ソフトとハードの組み合わせを柔軟に選択して導入することが出来ます。そのため、タブレット型よりは費用が高くなりますがPOS専用機よりは安く済みます。費用だけではなく性能としても、基本的な会計集計の機能から、顧客の情報管理や分析機能など、飲食店や小売業でよく使用される機能が備わっています。タブレットでの操作性はタブレット型と変わらず直感操作で対応することができるため、一般的にタブレットを触った事がない人以外にはトレーニングを行う必要もなくなるところが魅力です。POSシステムの導入を検討しているのであれば、運用コストと性能を両立した多機能タブレット型の利用を検討してみてはいかがでしょうか。